普段わたしたちは、何気に尿意を感じトイレにいくのが当たり前の生活ですが、その尿意に関する臓器、膀胱について詳しく学んでみましょう。

膀胱とは、簡単に説明すると腎臓から送られてくる尿を貯める袋状の器官のことを言います。男性では直腸の前、女性では子宮の前に位置しています。また、腎臓は血液からの老廃物や余計な水分のろ過や排出、体液の内部環境を一定に保つ重要な役割をしてくれます。

人体の下腹部中央(胃袋の裏側あたり)にあり、二つの尿管から膀胱へとつながっています。更に、膀胱からは尿を外に排出する為に尿道という管へとつながっています。尿道の長さは男性では16~18cm、女性では3~4cmと長さに違いがあります。

排尿されるまでのしくみは、通常、腎臓から1時間あたり60mlの尿が送られ、尿意を感じることで排尿されると言われています。膀胱の厚さは、約1.5cm位なのですが、尿が蓄積されると薄くなっていき厚さ3mmまで薄くなると言われています。

膀胱の容量には個人差があるようですが、成人で平均500ml位まで尿を蓄積する事が出来ます。子供の夜尿症では、膀胱が小さいという事が原因の場合、排尿させる事を我慢することで膀胱の用量が大きくなり、治る事もあるようです。

このように、膀胱は腎臓から受けた老廃物や余分な水分などを排出する為に蓄積する臓器であることがわかりましたね。このシステムがうまく働かないと、様々な症状を発症する事があるので、少しでもおかしいなと感じた際には医師に相談するのが一番良いでしょう。

「最近、トイレが近くて悩まされている・・・」
「突然襲ってくる猛烈な尿意、我慢できずに漏らしてしまうことがる・・・」
「漏れたことがバレないように、
 カバンで隠す・拭く・乾くまでひたすら待つっている自分が情けない・・・」

 と、悩んでいませんか?

 実は、ある方法を知れば、トイレの回数が減り漏れる心配も根本的に改善することができます。しかも、短期間で・・・

 はなまるマーケットやすっきり!などのテレビにも出演された、
 《女性泌尿器科医の第一人者》でもある、関口由紀先生の改善法を大公開!

 その方法とは?? ⇒ 医師が教える!男性の頻尿・尿漏れ・尿失禁を解決する方法